magenta's blog

個人記録 日記 ひとりごとをつれづれなるままに綴っています

パターンを破る

こんばんは。

すっかりブログをさぼっておりました。
(前回更新が2ヶ月前。。。)
もう11月も半ば。
2017年もあと1ヶ月半くらいですね。

今日は【パターンを破る】ということについて。

いろんなパターンを持っている中でも、
最近、強固で、頑固で、認めたくないパターンが見つかったのです。
それは、
「自分が(仕事が)出来る人でいたい=○、自分 or 他人が(仕事が)出来ない=×」
という判断基準です。

きっかけは、
職場で一緒に仕事をしている、いわゆるパートナーがいるのですが、
なかなかうまくいかないのです。
人によっては、仲違いしてしまった場合もありましたし、
仕事中に寝てたり、ゲームしたりする人の場合もありました。
それで、今回のパートナーの方は、今月で契約終了となってしまいました。
さすがに、これは、何か自分の「認識」が影響していることを認めざるを得ませんでした。

毎週セッションをしてもらっているので、その中で質問を繰り返してもらった結果、
強固に、「自分を出来る人」に仕立て上げたいことに気づいたのでした。
だから、自分よりも出来のいい人に来られては困るのです。
ショックでした。
そういう類いの人をわたしは、どこかで軽蔑していましたから。
器小さっ!という具合に。
でも、当の自分がそうなのでした。

いつまでこのパターンをやっていたいのー?
と聞かれた時に、口から出てくる答えは、「もうやめたい」。
でも、なかなか手放せないでいました。
それは、ある意味、「死」を意味することなのです。
なぜなら、このパターン以外で今まで生きたことがないからです。
このパターンは、仕事だけでなく、身近な人間関係、恋愛、家族にも出るものです。

本当にいやだ・・・という絶望感と同時に、
わたしの記憶が生まれた瞬間にまで戻ってしまいました。
そして、涙が止まらない。
どういうことかというと、
わたしは生まれた時、泣きませんでした。
それは、前置胎盤で死にかけていたということもありますが、
実際の意識は違いました。
大変な中わたしを生んでくれた母を困らせたくないから、と、
生まれ落ちた瞬間も泣けませんでした。
生まれた瞬間から、わたしは自分以外の判断基準(目)を気にして、
これまで生きて来たんだ、と思うと、
「わたしは、ただの一度も、自分自身を思い切り生きてないんだー!」と
悔しさや、悲しさ、いろんな感情が出て来たのでした。

もちろん、生まれた瞬間に泣くことが、母を困らせることなのか?というと、
全然そんなことではないわけです。
でも、生まれて数秒歳のわたしはそう思い込んでしまったのですね。

話がちょっと逸れてしまったけれど、
何が言いたいか?というと、
パターン(因果と言ってもいいと思います)を持って、
その通りに生きていても、
自分が思う通りなんて、絶対に出来ないんだよ、ということです。
パターンを見つけて、やってみて、絶望してみて、手放す。
少しずつ、そのチャレンジをしているところです。

そして、明日からの週のチャレンジは、
「わたしは、できません」ということを周りに言うこと。
そして、助けを求めること。
自分を出来る人に仕立て上げたいわたしからすれば、
とても大きなチャレンジです。

あともう一つ。今月で契約終了になったパートナーの方と、
これからも関係性を築いて行くこと。
そのチャレンジをします。

こうして書かないと、先延ばしにしたり、そこから逃げたりするかもしれないので(笑)
書いてみました。

ここまでお読みいただき、有り難うございます。
f:id:magentasoul:20171112184338j:plain

久々に

ブログ書くかー!

週末にいろいろと書こう☆

ひとまず決意表明♪ヽ(´▽`)/

【有り難うございました】第132回HITOTSU学公開講座終了!

すっかりご無沙汰しました。

今晩は、わたし個人的に、
スタッフとしてまる2年、
今年9月からは、3年目のHITOTSU学公開講座がありました。

www.facebook.com    
講師は、折笠さんという、
ほんとに話術に長けた超面白い講師です☆

8月は講座はお休みで、
2ヶ月ぶりの講座だったので、
ちゃんとできるか、ちょっと不安でしたが、
自分だけではなく、みんなで会を創っているから、
そこは安心☆

講座は、すっごくためになった!

ここのところ、
「目が覚めたら戦争だ・・・争いだ・・・」って思うことが多くて。
どういうことかというと、
人と人が争う。それって戦争じゃないですか。
張り合う。それって戦争みたいなもんじゃないですか。
そういうことが、あちらこちらではなく、
そこらじゅうで起きているじゃないですか。
それって、なんで起きているのか、、、
その原因と解決方法を案内しているのが、
HITOTSU学だし、認識技術なのです。

来月は、14日(土)。
シリーズは全3回で、2回目だけど、
2回目でも十分に理解できるように、内容を創ってくれているので、
ぜひお越し下さい。

読んでいただき、ありがとうございました。

講師デビュー当日

こんばんは。今日も1日、お疲れさまです。
やってみての感想・雑感。
(ひねりとかオチとかなし)

今日は、講師デビューの日でした。
新人IT研修の講師をやってください、と言われた時の投稿

magentasoul.hatenablog.com


事前準備は、合計で3回。
時間にすると、4時間半かー。
多めに見ても、5時間くらいかな。

内容詳細決めをした後に、リハを1回。
そして、今日が本番でした。
リハのほうが緊張しました。
今日のほうが緊張は(それよりかは)しなかったです。

全てのシナリオ(カンペ)をテキストにして持って行っていたけど、
それを見る時間も場所のスペースも(パソコン1台置けるだけ)無く、
結果、何も見ることなく、講義できました。
準備が足りていたかどうかはわからないけど、
準備していたから、出来たとも言えますので

やはり準備・仕込みがとても重要

ですね。

求められていたかどうかは別として。
事前の会場の設備、配置等は、確認しておくべきでした。
映し出しているスクリーンが、講義台からとても見づらくて、
ポインターで指せなかったです。
音響はかなり良かったです!

フリーランスで講師をやっているとしたら。
こういう感じなんだなーとか想像しながら、
朝、出発しました。

講師、いいなぁ。
全然内容は明確に定まってるような、いないような、だけど、
講師、いいなぁと思いました!

おしまいっ

追伸:写真は、今日一緒に講師していた上司が、お疲れさまランチをごちそうしてくれた。
f:id:magentasoul:20170712223737j:image


月下美人ふたたび

先日、ご近所で月下美人を初めて観てからというもの、
月下美人が氣になって、仕方がない!
ブログまで書いた(笑)

magentasoul.hatenablog.com



毎日、お宅の前を通る度に、
「つぼみが出ないかな〜」って思っていた。

そして、ついに!
おとといの夜、4つも花が咲いたよ♡♡
そのうちのひとつがこれ
↓ ↓ ↓

f:id:magentasoul:20170711202129j:image

綺麗でしょうー。
うっっとりします。
これは五分咲きくらいだから、少しの香り。
なんか大人の、妖艶な、そして、神々しい雰囲気があった。

株を分けてもらおうかな。
どうしようかな。
(てか、まだ迷っていたw)

ほめゲーに参加してきた

昨日の夕方から、ほめゲーというコミュニケーションゲームの交流会に参加してきました。

わたしがなぜこの会に参加したか?と言うと、
(友達と参加したかったのだけど、それは叶わなかったけれど)
新しい出会いをしたいというところが1番大きな理由かな?

自分のコミュニケーションのクセとかも出るし、
他の方のコミュニケーションや、着眼点とかもすっごくおもしろいの!
勉強になるのです。

すごくすごーく楽しい会になりました。
交流するとほんと元気になるなーっ♡

今月は、来週15日(土)と、29日(土)にも開催されるので、
ちょっと違った出会い体験をしたい方は、ぜひ☆

kokucheese.com



f:id:magentasoul:20170709002858j:plain

父の誕生日

今日は、父の誕生日。

生きていれば、81歳。

カラダはいないですけれども、関係性は永遠に続く。

カラダが有る、無い関係なく、

そして、父と娘のポジションはほどかれた今も、

魂と魂の関係性の進化を起こしていくべく、わたしは、もう少しこの世界で顔晴る。

 

お誕生日おめでとう、おとうさん。

Happy birthday Dad


f:id:magentasoul:20170628082407j:image

月下美人

みなさん、月下美人をご存知でしょうか?
こんな花です。
(ピントが合ってなくてすみません!)
f:id:magentasoul:20170618094020j:image

月下美人は、英語だとA Queen of the Night というように、
1年に1回とか2回、夜に咲くのだそうです。

ご参考

ゲッカビジン - Wikipedia


この花が何なのか知らなかったのですが、
夜遅くに帰る途中、玄関に置いてあるこの花の強い(しかも良い香り)に、
引き寄せられました。
(蝶とか蜂が匂いがわかるのか知らないけど、その氣持ちがわかりました・汗)

まじまじと花を見たのですが、
本当に威風堂々としていて、立派。
しばらく見とれてしまいましたね。

後日、この花のおうちのおじさんに会うことができ、お話しました。
株があるから、欲しかったら、分けてあげるよ!とのこと。
すごい!うれしいー!
育てたことがないから、もらっても咲かせられるかわからないけど、
引っ越し先によっては、育ててみたいので、いただこうかな。

花や植物に癒されます♡

WEA交流イベント "Defining Encounter" #1

【Defining moments 】

おとといになるけれど、
Defining Encounter というイベントに参加しました。

Facebookのイベントページは、こちら。

www.facebook.com


とっても楽しかったです。
WEA=World Edunomics Association の会長である、マーク小松さんは、
ハワイ在住で、世界のトップクラスの実業界を渡り歩いて来られたそうです。
とっても、フレンドリーで、オープン☆
終始、リラックスした笑顔で、わたしたちを和ませてくださいました。

2時間の交流会の中で、いろんなテーマについて、
1対1で、話し合う時間がありました。
その中で、心に残ったことや、アウトプットしたいことを、
ブログにしたいと想います。

※「それって証拠あるの?」「それって論理的に説明可能なの?」
って想う方には、違和感があると想いますので、
この先は読み進めないでください^^

Defining moments とは、
「この瞬間!これで人生が変わった!」
というような瞬間。
誰しもあると想うのです。
ほんとにいくつも。
会の中では、パッと思いつきませんでしたが、
今、書きたいことは、まずこれ。

映画「パッション」のワンシーン。
エスが十字架に架けられて、ゴルゴダの丘を上っていくシーンです。

わたしは、キリスト教信者でもないので、
エスさまに対しては、それほど特別な感情は抱いていません。
こんなことを書くと、本当に怒られるかもしれないけど、
キリスト教ユダヤ教(父の影響)に対しては、嫌悪しています。
(ヨーロッパの教会とか苦手で体調悪くなります)
(ステンドグラスも怖いイメージしかない。絶望感じる)

だけど、あのシーンを観た時、
わたしは、涙が止まらず、嗚咽しそうでした。
いや、嗚咽していました。
そして、
「わたしは、この人が何も悪いことをしていないことを知っていたのに、
何も声を上げられなかった!!」
という激しい自分自身への憎悪、罪悪感に襲われました。
わたしは、イエスが十字架を引きずりながら歩いているのを、
道で、見ていた人間のひとりでした。

もちろん、本当にその時代にそういう人として生きていたか、
わかりません。
ただ、その感覚が強烈にあり、その時代までリワインドしてしまったのでした。

そして、その後。
ふと想ったこと。

- 次は絶対に失敗しない。
- 次は絶対にうまくやる。

わたしはそのために、生まれて、今、生きていると言っても、
過言ではないと想います。

読んでいただき、有り難うございました。

f:id:magentasoul:20170617001016j:plain

大切な人の誕生日

今日6月14日は、わたしの次兄の誕生日。
今日で、ちょうど50歳。
生きていれば。

3人兄がいて、真ん中の兄。

彼が21歳の時、
わたしが15歳の時に、喘息による心不全で亡くなった。
あれからもう29年経つのか、と想うと、
早いような、
とっくの昔のような、
もうよくわからない感覚になっている。

兄と過ごした時間は短かったけれど、
一番、影響を受けた兄だったため、
今でも大切に想っている。
喘息の発作が出ていると、すごく苦しそうで、怖かった。
それ以外の時は、すごく優しかった。

わたしが覚えている兄は、
神経質で、生意気で、お調子者で、楽しいことが大好きで、
音楽、映画、マンガ、読書が好きで、頭が良い人だったなー。
高校を卒業して、家を出てからは、
時々手紙を書いてくれたりもした。

できれば、もう一度会いたいな。
そんなこと想っちゃいけないかな。
でも、会いたいな。気配でもいいから、感じたい。

6月は、大切な人の誕生日、大切な人の命日が続く。

f:id:magentasoul:20170614005512j:plain