読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

magenta's blog

個人記録 日記 ひとりごとをつれづれなるままに綴っています

JAPAN MISSION PROJECT in Osaka 第17弾!成功!

2016年5月から再始動した、
JAPAN MISSION PROJECT。
今回の大阪(第17弾)でフィナーレを迎えました!

JAPAN MISSON PROJECTについては、
友人たちのブログをご参考にどうぞ☆

blog.noh-jesu.com

 

mdc-hideki.hatenablog.com

 

www.normal-japan.net


観術の創始者である、Noh Jesu(ノ・ジェス)氏が、
21年前に発見したイメージ。
その発見から認識技術を発明。
その内容は、セミナー3日間でイメージをお伝えしている。

今日の講演会は、
Nohさん(親しみをこめてNohさんと呼んでいます)・内海さんがJAPAN MISSIONを情熱たっぷりに語った。

- ひとりひとりがJAPAN MISSION。
- 個人の問題にとどまらないで、大きなビジョンを描こう。

日本は、世界平和の重要なキーであることは間違いない。
韓国人でありながら、ずっと日本の可能性、日本人の底力、
人間の尊厳、人間の可能性を訴え続けて来た。
21年間もぶれないで、ずっとやり続けて来たことに、
尊敬の念を抱きます。
そして、諦めないでくれて、有り難う、と。

* * * * *

フィナーレは迎えても、次のステージへ。
ひとりひとりが描く、JAPAN MISSION。
これからも、歩みを止めず、前へ進んで行きましょう!

読んでいただき、有り難うございました。

久しぶりにドーンっと落ちている #5 - 無意識エンジン発見セッション -

こんばんは。

ゴールデンウィークが終わり、
怒濤のように、
雪崩のように仕事が押し寄せてきて、
何度も(日中)発狂しそうになっている今日この頃(コワイネ)。

正確に記録はしていないけれど、
(ほぼ)毎日日記をつけているので、
わりと記憶力に自信があるけど、
【セッションで氣付きがあると、現実が忙しくなる】
というなんかパターンがあるな。
だから何?
という感じだけど。

もとい。
それってどういう関係があるのかな〜?
まだよくわからない。
(オチ・結論がなくてすんません)

とにかく。
現実だと思い込んでいるものに、
大変化が起きていることは間違いない!

人間が変化できること、その可能性って素晴らしいよね。
人間ってすごいと想う。
よく人は変化しない、と言うけど、
本当は変化できるんだと想う。

まとまりがないけど、考察は続きます。

つづく

久しぶりにドーンっと落ちている #4 - 無意識エンジン発見セッション -

夜も更けて来たので、とても短めに。

今日は、
【いい子でいなければならない】ところから、
【どうせオメエだって、見捨てるんだろう!】という、
ガチギレエネルギーに結ばれて、
(考え・感情)が暴れるところを冷静に観ることが出来た。
行動にまで出なかった(という自己分析)。

これって変化していること。

んでね、
「いつまでこういうことやってんの?」
と思うこともあるんだけど、
一進一退しながら、前に進んでいるんだと想う。
乗り越えたと想ったら、
また同じようなことにとらわれて、、、って。
そこで、自己否定しなければすぐに次に行けるんだよね。
長引かないっていうのかな。

とにかく、ものすごいエネルギーは生成できる今までのエンジンなんだけど、
破壊力もすごいので、あまりオススメしたくない。
このエネルギーは、
海外に出た時に使うことにします(笑)
日本という環境は、内に籠るし、陰に籠るので、
自分のエネルギーが自分に回って来て、
疲弊させる。

上手に外(日本以外の国)を取り入れよう。

今日はここでおしまいっ!

久しぶりにドーンっと落ちている #3 - 無意識エンジン発見セッション -

生きるエンジンとして使っている、
【いい子でいなければならない】
というものがどれくらい、日常生活に影響を及ぼしているのか?
早速、帰り道から観察することにした。

そうするとですね、
ほぼ100%の考え、感情が、
【いい子でいなければならない】
ところから、発していることに氣づいた。
ほぼすべて。

いい子でいなければならない。
そして、考えや感情に転じる時には、
【どうせ自分はがんばっても、最終的には捨てられる】
という結びになる。
大きな矛盾を孕んでいるわたしは、
とてもエネルギーを内側に秘めているとも言えるし、
それが使い方によっては、危険だとも言える。

【いい子でいなければ、捨てられる】
から、捨てられないようにがんばる。
相手を繊細に見つめて、細かく氣づかなければならない。
だって、そうしなければ、【いい子】ではなくなって、
【捨てられちゃう】もん。
慎重に相手を観なければ。氣づかなければ。

人間は、矛盾が大きければ大きいほど、
とてつもなく大きなエネルギーを生成する。
いわば、生きる馬力になっているんだね。

でも、このエンジンではもう限界だ。

つづく

久しぶりにドーンっと落ちている #2 - 無意識エンジン発見セッション -

わたしの場合だけど。

12歳の時。
正確には11歳で、12歳になる年の5月。
父が突然、何の前触れもなく家を出て行った。
その時は、自分でも記憶にないくらいの衝撃的で、
これは事件で、人生の中の非常事態だった。
この時自分の感情はフリーズし、ここから麻痺が始まった。

どんな感情で整理したのか、
もう想像でしかないのだが、
【いい子でいなかったら、父に捨てられた】
と思ったと思う。
父を責めてはいなかった。12歳のわたしは。
(大人になってからは違うけど)

だから、わたしの無意識のエンジンとしては、
【いい子でいること】
【いい子でいないと、死ぬほど至上最悪なことが起こる】
【いい子でいないと、また捨てられる】
それがエスカレートして、
調子が悪いと、
【どうせお前も見捨てるんだろう】
【今、どんなに良いことをわたしに言っていても、最終的には捨てるんだろう】
というとてつもない怒りに転じる。

これが生きるエンジンのひとつになっているのだった。

つづく

久しぶりにドーンっと落ちている #1 - 無意識エンジン発見セッション -

昨日、【無意識エンジン発見セッション】をやってもらった。

無意識エンジン発見セッションって何?という方は、こちら

magentasoul.hatenablog.com


結論から言うと、ドーンッと落ちている感じ。
意識しないモノが出て来た(だから無意識なんだけど)。
ふだん氣づいていないこと。

人間の観点・判断基準は、人間としてとても未熟な状態である、
0〜12歳に決断した、強烈な思い込み
で、自分がどのようにその「観点・判断基準」を作ったのか、
それをセッションで探って行きました。

どんな場面で、その観点・判断基準が出来たのだろう??

つづく

ザクロの効能

ほとんど備忘メモ的な感じです。

友達の家で、アサイーベリー酢っていうのを豆乳で割って飲ませてもらったらすごく美味しくて!
近所のKALDIに買いに行ったら、売り切れてた。

こちらの商品

健美酢 アサイーベリー酢 500ml | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ


美味しかったんだーほんとに。
いつ頃入荷するか聞いて、買いに行こうと思う♡
何か買わないと氣が済まない感じになっていたので、
代わりと言ってはなんだけど、
ザクロ酢(おんなじように割って飲むヤツ)
買って来た。

こちらの商品

マッスンブ ざくろ酢 500ml | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ


豆乳で割って飲んでる。
美味しい。
せっかく飲むなら、ざくろの効能も知っておいたほうがいいと思って、
検索してみた。

www.fashion96.com



良さそう、とっても良さそう♡
毎朝飲もうーっと。

無意識エンジン発見セッションとは

認識技術=観術をベースにしたセッション、
【無意識エンジン発見セッション】を昨日受けた。

無意識エンジンとは何なのか?

人間が持っている観点・判断基準は、
人間としてとても未熟な0〜12歳に決断した、
強烈な思い込みです。

どんなきっかけで、
どんな判断基準を作り、
どんな時にそれを(未だに)使っているのか?

それを発見するセッションです。

メインブログと新ブログ

久しぶりに投稿します。

mageta's blogは、2015年1月からスタートして、
なんやかんやで、2年3ヶ月継続しています。
タイトルを変えて、
メインのブログで発信できるように、
がんばりたいと想います。

そして、昨日からスタート☆
英語の勉強ブログ。
こちらは、ちょっと氣合い入れてがんばろうかな♩と
想っております。

よろしくお願いします☆☆

magentasoul.hatenablog.jp

固定してたらほんとに苦しい

久しぶりの更新になった。

思い付いたことをありのままに。

 

固定していると、ほんと苦しい。

でも、固定しないと、この3次元はとどまれない。だから思い込みを使う。

でも、思い込みを使う方法を知らない。

教えられるわけでもないし、今の学校教育で。

 

俺は男だ。

私は女だ。

私は人間だ。

私は生きているんだ。

 

全部思い込み。ここにいるための。

本当の私たちは、

生まれてもなければ、だから、死ぬこともない。

どんな条件にも変化しない、

絶対的な存在なんだ。