magenta's blog

個人記録 日記 ひとりごとをつれづれなるままに綴っています

父の死を経て父を想ふ #3

今年は、どんなに忙しくて疲れていても、
毎日(なるべく)、ブログをアップして行こうと決めた。
書く気が起こらないなぁという日でも。

* * * * *

一応、#1, #2からのつづき。

magentasoul.hatenablog.com

 

magentasoul.hatenablog.com



新年が明けて今日は9日目。
お正月休みが終わって、3日勤務後の3連休。
有り難いお休みだった。

父が亡くなったことは、
やっぱり、ココロとカラダに来ている、と感じる。
本来であれば、1週間とかお休みをもらうようなことだろうし。
ふだんなら、なんてことないことが、
カラダが動かないような、動きにくいような、
そんな感じがあるんだよね。
「やっぱり、元気がないのかなぁ」
なんて思ったりする。

* * * * *

連休中に、叔母(父の妹)と連絡を取った。
叔母とも10年以上ぶりだったから、すごく驚いていた。
最初は、口が重かったようだったけど、
だんだん普通に話してくれるようになった。

父の晩年のことを聞いた。
4月に肺炎になってから入院して、
それから1度も退院することなく、6月24日に亡くなったそう。
入院するまでは、施設に入っていた。
年金はいくらかもらっていて、
最低限暮らして行けるお金はあったみたいだけど、
医療費に消えて、残りのお金で、
本を買って読んでいたみたい。

本はよく読む人だったから、納得だけど、
死ぬ間際まで、なんていうのかな、、、
知識欲が衰えなかったんだなぁと、少し尊敬の念も感じた。

晩年は、どんな本を読んでいたのか、興味があるけど、
遺品は全然取っておいてくれていない口ぶりだったので、
残念だな。

とにかくユダヤ人、ユダヤ思想の本を読んでいた。
今でこそ、ユダヤ人のことが話題になっても、あまり不思議でないけど、
40年以上前から、「世界を動かしているのはユダヤ人だから、
ユダヤ人の思想、教育を勉強したほうがいい」と言っていた父。

こんなまとめもあったよ。

matome.naver.jp


M・ラビ・トケイヤーという人の本をよく読んでいたような記憶があって、
読んでみようかなと思っている。

なぜユダヤ思想に傾倒していたのか、
友人達と話していて、少し感じたことがあった。

それは、また次のエントリに。


f:id:magentasoul:20170109230628j:plain

父の死を経て死について #2

タイトルは違うけど、一応、続き。
前のエントリ。

magentasoul.hatenablog.com


死ぬ時。
または死ぬ間際。
ま、あっという間に死ぬ即死だったら想う間もないけど、
人は何を想うのかね。

わたしは、想像に過ぎないけど、
やりたかったこととか、大切な人たちを思い浮かべるかもな。
あぁしておけばよかった。
こぅしておけばよかった。とかね。

わたしの家族は、今、バラバラになってしまっている。
親戚も。
それについて、本当は望んでいないなぁって感じている。
父方も母方の親戚とも、音信不通になっている8歳年上の兄とも、
連絡取りたいなぁって思っている。

「元気?」
ただそれだけなのに、何でそれが言えなくなっちゃうのかね。
大人ってめんどくさいというか、厄介だよね。

バラバラになったピースのひとつひとつを拾い集めに、
今年はいっぱい限界突破をするんだ。

f:id:magentasoul:20170107012555j:plain

父の死を経て死ぬ時のこと #1

新年1つめの記事がこれだったのか・・・。

magentasoul.hatenablog.com


おかげさまで、2017年2日目の今日のワークは、まずまずだったかな。

さて、父の死をまだ受け止め切れていない自分は、
いろいろと整理をするためにも、何でも書いて行こうと思っている。
一番、強く感じていることがある。
それは、

人って、
この世を去る時にはどうでもいいであろう価値観・考え・感情に縛られていて生きている


ということ。
ほんとに取るに足らないことで悩んで、
全然重要じゃないことを「重要」だと思い込んで、生きている。

師が全国をリレー講演している、
JAPAN MISSION PROJECTという講演会で、
尊敬する医師の長岡美妃先生もおっしゃってた。

美妃先生のブログはこちら

ameblo.jp


終生医療をされている医師で、
毎日、死ぬことと向き合っている。
ガンに侵されている患者さんは、
「なんのために生きているのか?」や、
「生きているうちに、もっと冒険しておけばよかった」などと言うそう。

一所懸命、自分や家族のためにがんばっていた。
けれども、病気になって、「なんのために生きていたんだろう?」
と空しさに襲われるのかなと思う。

* * * * *
人と比べて、競争意識を燃やす。
嫉妬して、負けないようにがんばる。
自分のほうがみなよりも優れていることの証明に燃える。
愛する人にどう想われるのかが怖くて、素直になれず、気持ちとは反対のことを言う。愛されることのほうが愛するよりも素晴らしく、それが欲しいと強く思い込む。
自分が癒されること、満たされることを最優先にして、大切なものをないがしろにする。
お金があるほうが優れていると思い込む。
自分の気持ちよりも、他人を優先させる。(自分を大切にしていない)

etc...

これらは、きっとやり続けていたら、
死ぬ時に「後悔する」部類に入るもの。

自分が何者かも知らないからね。
でも、わかる手がかりというのは必ずある。
それを手繰り寄せて行くと、必ず「出会える」ようになっている。

話が飛んでしまうが、
ほんとにさ、後悔しない生き方をしよう。
今、息絶えても、後悔しない生き方を。

f:id:magentasoul:20161231223338j:plain

お正月休みが終わり・・・

f:id:magentasoul:20170103221759j:plain

明日からお仕事始めの方も多いと思います。

・・・

・・・

いま、どんな気分ですか?

・・・

わたしはさっきまで、
どうにもこうにも、いやーな気分が消せず、
日曜日のサザエさんシンドロームでした
(そんなんあるのか知らないけど)。

どうしてこうなっちゃうのか、知りたくありませんか?

一言では言えないですが、
人間機能の仕組みに原因があります。

つづきはまた今度!

NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-

父の死

2016年大みそか。
驚きのニュースが飛び込んで来た。

6月24日に、父は亡くなっていた。

両親が離婚後、父方の親戚ともなんとなく音信不通になっていて。
それでも最後に会ったのは10年くらい前。

その時に父が、
「もう自分に会いに来なくていい。
自分が幸せになることだけを考えて生きたらいい。」
と別れ際に言った。

他人からすると、10年もなんで連絡取らなかったの?
と、純粋に不思議に思うだろうし、
そのように聞かれることもある。
でも、自分本位の無責任な発言に傷つく。
わたしは、最後の最後まで、
バカみたいに父の言葉を信じて、守ってしまった。
「会いに来て欲しくないんだな」ということを
どこか察して、それを貫き通してしまった。

会いに行きたければ会いに行けばよかった。
でも、父のことを思って、会うのは辞めてしまった。
「会いに来なくてもいい」というのを、
<拒絶された>と受け取った。
確認しなかったし、確認したとしても、
九州男児父親が素直に言ったかどうか。

素直になること。
へんなプライドや、意地って何の訳にも立たない。
父もわたしも、それが教訓。
生きてる間に、ちゃんと、言葉を伝え合うこと。
想っていることを伝え合うこと。
愛していると伝えること。
どれほどそれが大事なことか。

今頃になって、涙が止まらない。
父に対しても。
娘だったわたし自身に対しても。

父親だったポジションから解放され、
お疲れさまでした、と言いたい。
今度会う時は、父と娘ではなく、
ひとつの魂と魂として、どんな出会いをするのだろう。

カラダが有るとか、無いとか、
それはあまり重要ではない。
人間的にはいろいろと感情がわき上がるだろうけれど。

日常的にこだわっている価値観。
それは命が絶える、生まれる前には、あまり重要ではない。
それなのに、すごく大事だと思い込んで、
つまらないことで言い争ったり、すねたり、
怒ったり、泣いたりする。

2017年は、思いきり爆発しながら生きる!
父の分まで。

最後まで読んでくださって、ありがとう。
良いお年をお迎えください。

2016.12.31
石原ゆみ

f:id:magentasoul:20161231223338j:plain

「五つの傷」を読み進めている

前回のエントリで書いたように、
「五つの傷」を読み進めている。

magentasoul.hatenablog.com



f:id:magentasoul:20161226232720j:plain

この本のパンチ力すごい。
わたしは、今のタイミングだから読めると思った。
もし少しでも前だったり、
まして1年前だったら、全然ページが進まなかったと思う。
読むのが苦し過ぎて。

リズの「自分をして!」を読んだ時、
何度も何度も繰り返し出来る、唇のヘルペスの項を読んで、
愕然とした。
このことの感情的な意味、それは、
「異性の誰かに対して、ものすごい嫌悪感を持っている」
ということだった。
裁きの思いが異性全体にまで広がっているのだという。
すぐにそれは誰かわかった。
自分の父親だった。

何度も何度も唇にヘルペスができるのであれば、
からだからのメッセージは緊急性を帯びているとのことだった。
異性に対する裁きを手放して、
素直に異性に憧れたりしなさい、とのことだった。

異性とうまくやっていきたくても、
(お付き合いしても)
いつもうまくいかなかった。
関係はいつも自分から破壊していた。
原因は父親との関係性にあるだろうと分かっていたけど、
それをなかなか完全に手放すことができず、
今年は、ヘルペスが何回も出来る形でからだから、
「もういい加減、いいよ!!!」
と言われたような気がしていた。

話がそれたけれど、「五つの傷」。
この五つともあてはまるような気がしたり。
深い世界だなと思う。

わたしは来年2月に、父親のいる鹿児島に行って、
一目会って来ようと思っている。
もう10年以上会ってもないし、手紙や電話、メールなどの音信もない。
和解、まではいかなくとも、
一目会えば、何か変わる世界があるような気がする。
そう信じている。

父親が今元気なのか、どういう健康状態なのかも知らない。
何かあれば連絡が来るだろうと思っているから、
それがないなら、生きてはいるんだろう、というくらいのレベル。

父親としてのポジションで生きた彼の人生もそんなに長くないだろうし、
(今80歳)関係性をなんとか修復したいと思う。
1度で何が変わるんだ?!とも思う(諦めにも似た気持ち)。
でも、もうカルマは残したくないのだ。
そう思って、チャレンジする。
それまでどうか彼が生きていてほしいのだが。

五つの傷 リズ・ブルボー著 浅岡夢二訳(ハート出版)

f:id:magentasoul:20161226232720j:plain

図書館で予約した本がやっと手元に来ました。

「自分をして!」ですっかりリズのファンになってしまったわたし。
この本もまた読んだ後に、購入する予定です☆

人間は「傷」を受け、傷つきたくないために、
自分を守るために、身につけるいくつもの仮面。
でも、その仮面は必要ないのです- - - -

と冒頭に書かれています。

読み始めたばかりですが、ぐさぐさと刺さって来ます(笑)
ハッキリと明確に書いているために、心深くにドドーンと来ます。

この本は、手に取ったとしても、
タイミングでなければ読み進めることは難しいと感じます。
この本を読むことは、浄化のプロセスだからです。

浄化にはプロセスがあります。
まず、否認があって、
次に怒りがくる。
そして受け入れて、
その後に、癒しが始まります。
必ずこのプロセスを踏んでいます。

わたしは、1週間程前にあることを決意しました。
そこから癒しが始まっています。
この本が手元に届いたのも、絶妙なタイミングだと思います。

つづく

12月に入りました

ブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます。

先月1度更新したきり・・・
もう12月になりました。
今日は12/8なので、あと24日!

f:id:magentasoul:20161204175122j:plain

更新しない間にもいろんなことを感じて、
気づきもあるのに、
なかなか言語化できないでいました(います)。

仕事が忙しかったこともあり、
(※残業が多いという忙しさではなく、定時時間内に仕事が全然途切れない、
ずっと仕事しているみたいな感じ)
職場環境、職場の人間関係の限界、
ひいては、人間の限界などを痛切に感じています。

ほんとに、人間対人間で出会っていたら、
わかりあえない、わかりあえなくて当たり前!

どうして人間が理解し合えないのか、
5感覚&脳に固定されているから、がヒント。

早く自分の本来の姿を知って、
自由を超えた、更に大自由の世界で生きたいですよね。

11月に入りました

f:id:magentasoul:20161112161212j:plain

またお久しぶりの更新になりました。
11月に入って、ここ最近はとても寒くなり、
体調管理が難しく、仕事はこなしているものの、
なかなか仕事以外のことに時間を割くのが難しかったりしています。

みなさんはいかがお過ごしですか?

ひとつ前のエントリでも書きましたが、
全然更新していないにも関わらず、毎日少しですが、
必ずアクセスがあります。
ありがとうございます♡
それがたとえ嫌がらせだとしても・・・ なーんて。

ブログを3つもやっている(ムダに多い)ために、
分散化しちゃってる。

レイキヒーラーもひっそりと再開しました。
10月31日という大切な日に。
10月31日がなぜ大切な日なのかは、また別の機会に☆

レイキヒーラーのブログはこちら

お時間ある方はぜひ観てやってください♩

久しぶりの更新

f:id:magentasoul:20161007232734j:plain

もうひとつのブログを主に更新していて、
magenta's blogは更新していませんでした。
でも、毎日、少しですがアクセスがあります。

ご訪問ありがとうございます!

10月に入りましたね。
すっかりと秋めいて来ています。
3連休中に、片づけ(断捨離)をしたり、書類関係を片したり、
あと3ヶ月弱、きっちりと走り切る準備をしたいと思います☆

良い休日をお過ごしください。