読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

magenta's blog

個人記録 日記 ひとりごとをつれづれなるままに綴っています

生い立ちルーツ #6

ひとりごと わたし
父との関係性で、1度も満足したことはない。
少なくともそのような思い込みで生きてきた。
問題だらけ、問題しかない関係性だった。

父は、かなりのユダヤ人偏愛者であり、
ユダヤ教崇拝者だった。
口を開けば、ユダヤ人を賞賛する言葉ばかりが羅列した。

ユダヤ人に対する本を読めと子ども達にも強制したが、
誰一人として従わなかった。
コイツは、頭が狂っている。
幼いながらそうも思い込んでもいたかもしれない。

友達のお父さんが羨ましかった。
普通の会話が出来るお父さん。
同級生に父のことが知れるのが、
恥ずかしかった。
容姿も日本人ぽくない感じもあったから、
それをからかわれたりもしていたかもしれない。

父親が12歳の時、突然家を出ていったことで、
せいせいしたという気持ちと、
悲しみを感じるに堪えうる感覚機能を持ち合わせていなかったことで、
感じることを全て凍結した。

つづく