読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

magenta's blog

個人記録 日記 ひとりごとをつれづれなるままに綴っています

「わたし」だと思っていたもの #7

ひとりごと わたし

過去生。それは阿頼耶識(アラヤシキ)に全て在る。
輪廻転生を信じていなければ、通らない理屈だけど、
今、論じたいことではない。

また、過去生を知ることが重要なのではない。
その人生をいちいち知ったからといって、
「へー」としか思わないかもしれない。

ただ。
過去生から、
過去生というのが微妙なのならば、
何らかのエネルギーを4次元から持って来て、
それを今、ここ行動にまで結んでいる。

いくつか(断片的ではあるが)覚えている人生がある。
その人生に共通していることは、


・時代に合わない(もしくは時代が追いついていないために)ことをしていて、
周囲から、異端児(変わり者)扱いをされ、酷い時には処刑。
・反社会的行動を取ったことで、牢獄に入れられ、孤独死
・人と違うことをし、一時的には、周囲からもてはやされ、仲間にも恵まれるが、
最終的には、裏切りにあい、非業の死を遂げる。
・ひどい人種差別を受け、理不尽な理由で痛めつけられる。

というように、
人間不信になり、それが怒り、恐怖につながるような経験ばかり、
要は辛い人生ばかり、覚えている。

そうするとどうなるかというと、
仲良くなっても、また、親密な関係になっても、
「今はいいことばかり言ってるけど、結局は、裏切るんでしょ」とか、
相手にはそんなつもりは一切無いのに、言動の一部分だけを捉えて、
「この人は自分をのけ者にしようとしている」とか、
とにかく、そういう考え・感情に瞬時に行ってしまうのだ。
いわゆる「業(カルマ)」というものだ。

今生きているということは、必ず使命がある。
必ず意味があって生まれてくる。
だけど、「過去の清算」、要するに浄化して、昇華させないと、
いつまでも過去からの束縛を受けて、
行きたいところへ全然行けないまま、また今生も終わってしまう。

わたしは、業(カルマ)を清算するだけの人生じゃいやだ。
新しい業(カルマ)をつくるのは、もっといやだ。
過去生で、今までやって来たことがないことで、
人々に喜ばれたい。
家族や愛する人達だけでもいいから、喜ばれて、幸せにしたい。
そのために、今ここにいるんだ。